働くなら今が狙い目|貿易事務に転職を考えているなら【未経験からでも安心】

働くなら今が狙い目

女の人

どんな業種になるのか?

貿易事務と一口にいっても、実際の業種はさまざまあります。商社やメーカー、通関業者や倉庫業者、航空会社や船会社などいろいろな業種が関わっています。

必要なスキルは

書類を作成したり、輸出入の代行業務などを行なうことがメインとなります。業務内容によっては、海外の担当者と交渉をしたりすることも多いです。

キャリアアップ

海外展開を狙っている国内企業は多いです。将来的にはそうした企業の即戦力となるべく、確実にキャリアップを目指していきましょう。

貿易事務は難しそう…というイメージを覆す4選

英語が得意ではなくてもOK

貿易事務の業務は多岐に渡ります。国内の顧客や通関業者とやり取りする業務などがメインの場合は、高レベルの語学力は必要ありません。

資格がなくてもOK

資格があった方が、転職活動やビジネスにおいて有利なのは言うまでもありませんが、資格がなくても仕事はできる業務が多いです。

専門的な知識がなくてもOK

貿易事務は専門性が高い業務もありますが、仕事をしながら覚えていくことも可能です。意欲があれば、カバーできるでしょう。

未経験でもOK

実務経験がなくても、スクールに通ったり、独学で知識を学んで仕事に活かしていくことができます。ただし、最低限の事務スキルは必要です。

アシスタントから始める

未経験や実務経験が浅い場合は、貿易事務アシスタンストから仕事を始めていくとよいでしょう。とくに異業種から貿易業界に転職を希望しているなら、アシスタントをしながらスキルアップを目指していくことが現実的となります。

広告募集中